夏の車中泊暑さ対策!自作網戸カンタン設置方法

Pocket

amido1

今月後半は、毎日通うにはちょっと遠いところで用事があるため、車中泊生活をする予定です。

暑さもだいぶ和らいできましたが、まだ車中泊するには暑い季節です。

そんな夏場の車中泊の、私がやっているカンタンな暑さ対策をご紹介します。

スポンサードリンク

 

私は停車中にアイドリングはあまりしたくないので、エアコンは使えません。

それ以外に暑さ対策といったら、窓を開けるくらいしかありませんが、夏場は窓を開けておくと蚊が入って来てしまいます。

以前車中泊の旅をしていた時、昼に窓を開けて走っていたのを忘れていて、夜寝る時に大量の蚊が車内に侵入していたことがあります。

私はできれば殺生はしないようにしていますが、その時ばかりはそんなことも言ってられず、つぶしてもつぶしても、どこからか次々とやって来る蚊と格闘し、車内にいるすべての蚊がいなくなるころには明るくなり、結局一睡もできなかったという苦い経験があります。

 

さて、窓に網戸を取り付けることができれば、寝る時に窓を開けていても、蚊に悩まされることはありません。

車用網戸は市販されているものもありますが、自分でも作れそうだったので、私は自作しました。

私のやり方は、超カンタンです。

自作といっても、100円ショップのガーデニングコーナーで見つけた作物防護ネットを適当なサイズにカットしただけです。

 

これを窓にどう設置するかですが、マグネットをくっつけてはる方法なども考えましたが、それよりももっとカンタンな方法を思いつきました。

窓の横幅よりやや大き目のネットを二つ折りにして、開けたガラス窓の上にかけます。

こんな感じです。

amido3

この状態で窓を閉めると、窓が収まる溝の中にネットの上辺を挟み込むことができ、窓を開けても落ちてきません。

そのままだと横の部分にすき間があるので、指で溝に押し込みます。

amido4

これでほぼすき間はなくなるので、これで完成でもよいのですが、私はさらに外側に出ているネットを内側に入れて、二重になっているネットを少し外に押し出します。

amido2

こうすることで、ネットとガラスの間にすき間がなくなります。

これを外側から見たのが最初の写真です。

この方が外からの見た目もスッキリしています。

私が使っているネットは目が粗いので、目を細かくするために二重にしていますが、もっと目の細かいネットであれば、わざわざ二重にする必要はないと思います。

 

暑い季節に車中泊することがあったら、ぜひ試してみてください。

 

参考までに、市販されている車用網戸をいくつか。



Pocket


スポンサードリンク

「地球生活NEO」更新のお知らせはFacebookが便利です。

すでに「いいね!」をしてくださった方、そして、これから「いいね!」をしてくださる方へ。ありがとう。



スポンサードリンク

こんな記事もおすすめです。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© 2013-2016 地球生活NEO All Rights Reserved -- Copyright notice by Blog Copyright