超簡易自作太陽熱温水器がなかなか使える!


image

簡易的な太陽熱温水器を作ってみました。

スポンサードリンク

 

作ったといっても、よくあるアウトドア用の蛇口がついたポリタンクを黒く塗装しただけです。

このポリタンクに川の水を入れて、直射日光のあたるところに置いておきます。

太陽がかげる夕方4時すぎに、中の水をかき混ぜてから水温計で温度を計ってみたところ、36℃くらいになっていました。

手でさわると温かいと感じる温度です。

 

先日、我が家では子どもが産まれました。

参照: マヤ暦の新年に子どもを授かりました

 

この温水器のお湯は、赤ちゃんの沐浴に毎日使っています。

沐浴に適した温度は38℃~40℃くらいなので、温水器で温めたお湯に沸かしたお湯をちょっとだけ足して適温にしています。

 

蛇口をひねればお湯が出る環境ではないので、お湯が必要なら薪かカセットコンロで沸かさなければなりません。

ベビーバスを満たすお湯を毎日沸かすとなると薪の消費量も増えるので、超簡易的ではあるものの沸かさなくても勝手にお湯ができるこの太陽熱温水器はとても重宝しています。

 

太陽熱温水器はここで暮らしはじめたころからずっと欲しいと思っていて、屋根の上でよく見かけるタイプの中古品を探したり、自作することも考えたりしていました。

将来的にはそういったものを導入したいのですが、ひとまずいまはこの簡易的なものでも充分役立っています。

 

気温が高く、日差しが強い真夏限定の温水器ですが、幸いにも今年の夏は晴れ続きで毎日お湯を作ることができています。

このポリタンクで温めたお湯は赤ちゃんの沐浴以外にも嫁さんが体を洗うのに使ったりしています。

ちなみに私は川で水浴びして毎日汗を流しています。

 
 

関連書籍

ペットボトル太陽熱温水器の作り方 (サイエンス・シリーズ)
高野 達男
パワー社
売り上げランキング: 337,241

 

 




スポンサードリンク

「地球生活NEO」更新のお知らせはFacebookが便利です。

すでに「いいね!」をしてくださった方、そして、これから「いいね!」をしてくださる方へ。ありがとう。



スポンサードリンク


こんな記事もおすすめです。






2 Comments

  • のりのすけ
    2015/08/18 - | Permalink

    ほまれさん

    お子さんが生まれたそうで、おめでとうございますヽ(*´∀`)ノ

    僕の大好きなテーマである太陽光温水器についての記事でしたのてコメントされていただきます

    1番シンプルな温水器はペットボトルに黒いビニール袋を被せる事だと思います、20本2リッターのがあれば1人分のシャワーくらいになりますよ(人によって使う量は違いますが)

    水道があれば農業用(土木用)ホースの直径5cmのが100メーターあれば200リッター強の簡易的な太陽光温水器が完成です。だいたいホームセンターで15000円くらいかな中に水を満たした状態で屋根の上にのっけとけば夕方までには今の季節で60度くらいになりますよv( ̄∇ ̄)ニヤッ

    参考にどうぞ

    • Homare
      2015/08/18 - | Permalink

      のりのすけさん
      いつもコメントありがとうございます。
      ぼくもいろんなやり方を参考にしてみましたが、結局こんな簡単なものになってしまいました。
      今後進化させていきたいですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    © 2013-2017 地球生活NEO All Rights Reserved -- Copyright notice by Blog Copyright