百穀を潤す雨 【穀雨】二十四節気

Pocket

kokuu

昨日から、全国的に冬に逆戻りしたような寒さです。

今日は午前中は日差しもあり暖かかったですが、午後雨が降り出すちょっと前から急に冷えてきました。

最近は作業着だけでも暑いくらいでしたが、昨日と今日は春先まで来ていたヤッケとさらに上着も来て、冬の装備で仕事していました。

仕事が終わって買い物から帰って来る時、道ばたの電光温度計は「5℃」と表示されていました。

スポンサードリンク

 

さて、今日は二十四節気の【穀雨】です。

田畑の準備が整い、それに合わせて春の雨の降るころ。

ウィキペディアにはあります。

 

二十四節気を迎えるたびに、このブログで書いているような気がしますが、二十四節気とその時の実際の気候が毎回驚くほど一致しています。

今回の【穀雨】も例外ではなく、本日の天気は雨。ピッタリです。

今日は二十四節気をネタにブログを書く気はもともとなかったのですが、【穀雨】に雨という一致に感動し、ついキーボードをたたきはじめました。

この雨で、また一段と勢いよく生長する植物の姿が見られそうです。

 

この寒さは予想外でしたが、【穀雨】は春季の最後の節気でもあり、また、「清明になると雪が降らなくなり、穀雨になると霜が降りることもなくなる」という言葉もあるようなので、今度こそ最後の寒波になるかもしれません。

週明けからは、ようやくヤッケも上着も完全に手放せるのでしょうかね♪

Pocket


スポンサードリンク

「地球生活NEO」更新のお知らせはFacebookが便利です。

すでに「いいね!」をしてくださった方、そして、これから「いいね!」をしてくださる方へ。ありがとう。



スポンサードリンク

こんな記事もおすすめです。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© 2013-2016 地球生活NEO All Rights Reserved -- Copyright notice by Blog Copyright