洗剤を使わず食器の油よごれをキレイにする簡単な方法

Pocket

20151104_095525

流しで食器を洗う前に、あることをすることで食器のよごれをある程度キレイにする簡単な方法があります。

スポンサードリンク

 

記事のタイトルを見て、どんな方法なんだ?と期待されている方もいるかもしれません。

あまりにも簡単なことなので、「なんだそんなことか!」と期待外れになってしまったらすみません(汗)

 

我が家では、食後に食べ終わった食器にお湯を入れて、そのお湯を飲んでいます。

そのとき、ついでに食器に付着した食べかすを箸でかるくこすって、簡単によごれを落としてからそのお湯を飲みます。

 

たったこれだけのことです。

 

たったこれだけのことですが、これだけのことをするだけで実はいくつものメリットがあります。

 

 

メリットその1

食事をしたあと、食器にご飯がこびりついてかたまらないので洗いやすい。

 

メリットその2

熱めのお湯を入れることで、食器についた油よごれをある程度キレイに落とすことができる。

 

メリットその3

食器に付着した食べかすまで残さずキレイに食べることができるので、食べ物を無駄にしない。

 

メリットその4

食器に付着した食べかすや油よごれがある程度キレイになっているので、食器を洗う時の排水もキレイ。

 

 

お坊さんが食後に茶碗にお湯を入れて、残しておいたたくあんで茶碗をキレイにしたあとたくあんを食べ、最後にお湯を飲む食事風景を何かで見た記憶があります。

実際、以前禅の合宿に参加したとき、やはり食後に茶碗にお湯を入れて飲むように言われました。

 

これはやはり理にかなっているからすることなんだと思います。

 

 

我が家では、汁物以外はご飯もおかずもひとりずつワンプレートにぜんぶのせて食べる食事スタイルで、一枚の皿とおわんしか食器を使いません。

私は毎日食後に皿にもおわんにもお湯を入れて、箸でキレイにして飲んでいます。

 

ごくたまに肉料理をしたときなどは、一度お湯でキレイにしておくことは必須です。

動物性の油は水で洗うとすぐに白く固まってしまって、こすってもベッタリのびるだけで落ちなくなり、どうにも対処ができなくなってしまいます。

 

蛇口をひねればお湯が出て、中性洗剤でアワアワにして食器を洗うのであればあまり気にならないかもないかもしれませんが、うちでは蛇口から冷たい川の水しか出ないし、排水にも気を使って希釈したココナツ洗剤を少量必要な時に使うだけなので、食後に食器にお湯を入れて、ある程度キレイになっているととても洗いやすいのです。

 

 

これはもともと、自給自足をしている友だちの家に以前滞在していたとき、そこの家でやっていたことなのですが、私はこの習慣がとても気に入ってしまい、ここでの暮らしでもまねさせてもらっています。

よかったらやってみてください。

 

Pocket


スポンサードリンク

「地球生活NEO」更新のお知らせはFacebookが便利です。

すでに「いいね!」をしてくださった方、そして、これから「いいね!」をしてくださる方へ。ありがとう。



スポンサードリンク

こんな記事もおすすめです。





3 Comments

  • ノラドワーカー
    2015/11/04 - | Permalink

    考え方一つですね。
    油汚れは米糠でも落ちますね。ある程度程度ですが。機会があったら試してみてください。

    • Homare
      2015/11/09 - | Permalink

      コメントありがとうございます。

      米糠で落ちるんですか。今度試してみます。ありがとうございます。

  • のりのすけ
    2016/10/10 - | Permalink

    大分前野話に対するコメントですが、僕はカレーとか食べた後は新聞紙で拭いてます、その紙は燃やします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    © 2013-2017 地球生活NEO All Rights Reserved -- Copyright notice by Blog Copyright